つながりを文京のミライの力に~地域のコーディネーターになろう!


b_cordi_2

生活や仕事の中で困り事を抱えている人、問題をどうしていいかわからず戸惑っている人、何か始めたくても踏み出せない人は、文京区にたくさんいます。

一方で、文京区には、地域活動を始めている人、地域のことに詳しい人、地域とつながりを持つ企業や大学など豊かな地域資源があります。

困っている人、課題を抱える人と、経験や資源を持つ人を結び付け、良い結果を生み出す「つなぎ役」を、コーディネーターと呼びます。

地域の可能性を引き出し、地域課題を解決する取り組みを充実するためには、コーディネーターの役割を果たせる人が求められます。コーディネーターはこれからの地域を支える大切な存在です。

コーディネーターとは?

地域の方や活動の課題を把握し、解決のために必要な地域資源(人、制度、施設など)と結びつけることで、良い結果を生み出す人のことです。
ただ結びつけるだけでなく、対象者や資源の強み、課題を理解し、効果的につながる場づくりをする必要があります。

何が求められるの?

地域の方や活動の課題について、表面的なことだけでなく、深く掘り下げて理解する必要があります。また、地域の方、制度、施設などを、どのように活かしたらいいのかを考える必要もあります。
両者を結び付けるためには、対話や体験の機会などを効果的に運営できる「ファシリテーター」(対話の技術による運営などを促進する方)が必要となります。

どこで役立てるの?

現在、地域では「つながり」の必要性が求められています。これからの地域で必要な「つながり」とは、ただ知り合うだけでなく、補い合ったり、助け合ったり、協力したりして新しいことを生み出すことができる関係性です。
地域の様々な場面で、効果的なつながりを生み出すコーディネーターと、地域の方の力を活かし、活動を充実させるためのきめ細かなコーディネート活動が求められています。

活動支援コーディネーター養成講座が始まります!

b_cordi_course

文京区の持つ豊かな地域資源と、その可能性を活かすコーディネーターを増やすために、「活動支援コーディネーター養成講座」が始まります!
約1年間の間に様々な経験を積み、コーディネーターとしての基礎を身につけます。

詳しくは図をクリックし、募集ページへ。


Check Also

【開催レポート】ファシリテーター養成コース

活動支援コーディネーター養成講 …