メールニュース第29号 発行しました!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ 文京ソーシャルイノベーション・メールニュース ◇◇
◇◇ No.29◇ 2015年11月11日発行 ◇◇ bunkyo-sip.jp ◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10/22より今年度も文京社会起業アクション・ラーニング講座がスタートし、
18名の受講生が、自分の思いを事業にする取り組みを始めています。
現在、受講生たちは、何が課題なのか、なぜ自分が取り組むのか、
改めて自分と地域に向き合っています。

11/25には、受講生たちの問題意識から、地域で必要なことについて改めて考える
「文京社会起業対話」を開催します。
地域を知り、新しい解決の可能性を共に探っていきます。

☆目次☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 <地域のことを新しい切り口で考えます>
文京社会起業対話「地域の困り事、地域に役立つ方法を考える」(11/25)
2 2015年度支援プロジェクト NPO法人Arrow Arrow
ワークショップ「結婚し、母になっても働き続ける3つの鍵」のお知らせ(11/14)
3 2014年度支援プロジェクト (株) Polaris
「ブンキョー庶務部 座談会&説明会」のお知らせ(12/4)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ <地域のことを新しい切り口で考えます>
文京社会起業対話「地域の困り事、地域に役立つ方法を考える」(11/25)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
身近で起きているのに、日頃見落としがちな地域課題をふりかえり、
私たちに何ができるか、共に考えます。
文京社会起業対話は、地域課題解決に取り組む文京社会起業アクション・
ラーニング講座受講生が、下記の8テーマについて具体的な問題提起をし、
参加者のみなさんと地域で何が起きているか、何が必要なのか、共に考える場です。
参加者の方にとっては、新しい視点で地域を見るきっかけになり、
受講生にとっては、地域の現状を区民のみなさんから知ることのできる機会となっています。
この対話の内容は、各受講生の事業づくりの基盤となっていきます。
課題解決のアクションにつながる対話です。
文京区のことを深く知りたい方、地域に役立つ方法を探している方、ぜひご参加ください!

〔受講生より地域課題の8テーマ〕
「谷根千、下町の魅力をより多くの人に伝えるには?」
「地域の魅力を活性化につなげるには?」
「自分の可能性を広げ、いきいきと生きる人を増やすには?」
「空き家や学校を地域活動がもっと活用しやすくするには?」
「障がいがあっても共に生きる地域を実現するには?」
「地球レベル、国レベルの課題解決に地域では何ができる?」
「子育てや介護の地域資源の不足を補うには?」
「人生を豊かにする学びの場には何が必要?」

※テーマは変更になることがあります。

【日時】2015年11月25日(水)18:45~21:00
【会場】シビックセンター5F区民会議室 A・B
【定員】20人(抽選)
【参加費】無料
【詳細・申込】http://bunkyo-sip.jp/?p=3403
※申込締切:11月19日(木)
※既にお申込いただいている方には、申込締切後に参加決定のご案内をお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 2015年度支援プロジェクト NPO法人Arrow Arrow
ワークショップ「結婚し、母になっても働き続ける3つの鍵」のお知らせ(11/14)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年度のプロジェクト支援団体であるNPO法人Arrow Arrowがワークショプを開催します。
(プロジェクト詳細はこちら http://bunkyo-sip.jp/?p=2821)
ライフイベントがあっても自分らしく働き続けたいが、身近にロールモデルが
いないため、不安や困難を感じている女性をサポートするプロジェクトです。
現状を憂うのではなく、自分で行動し、自分も会社もHappyになる道を探していく。
代表の堀江さんが、「働き方デザイン本」を用い、女性が働き続ける上で
陥りがちな思考や、その解決法を紹介します。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】2015年11月14日(土)10:00~11:30
【場所】男女平等センター 研修室D
【定員】20 名(申込順)
【対象】区内在住・在勤・在学の方
【費用】1,000 円(テキスト代)
【申込】info@arrowarrow.org まで、お名前・ご連絡先(メールアドレス、お電話番号)を送信
【詳細】http://arrowarrow.org/jisseki/2015/544.html

※11/28(土)には、トークイベント「結婚しても、妊娠しても、母となっても
働き方をデザインする」の開催も予定されています。
詳細はこちらをご覧ください。 https://www.facebook.com/NPOArrowArrow/?fref=nf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 2014年度支援プロジェクト (株) Polaris
「ブンキョー庶務部 座談会&説明会」のお知らせ(12/4)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2014年度支援プロジェクトとして(株)Polarisが立ち上げ準備をしてきた
「ブンキョー庶務部」。
2015年3月で支援期間を終え、4月からは支援期間中に集まった文京区の
仲間たちとともに区内で活動を続けています。

今回、「子どものいる暮らしの中ではたらく」を考えるための一般向けの座談会と、
ブンキョー庶務部に興味にある方向けの説明会を開催します。
フルタイムか、専業主婦か、という0か100かの選択でない働き方が選択できたら、
もっと力を発揮できる、そんな地域の女性達の新しい働き方に興味のある方、
どうぞ、お気軽にご参加ください。

【日時】2015年12月4日(金)10:00~12:20(説明会は11:20~12:20)
【場所】はじまりの学校 a.school( http://aschool.co.jp/access/ )
【定員】20名(お子様連れ参加可能。但し、じっくりお話したい場合は単身をお勧めしています。)
【参加費】座談会(茶菓子付き)500円(説明会は無料)
【申込】http://polaris-npc.com/information/767.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文京ソーシャルイノベーション・ニュース
(第29号2015年11月11日配信)
WEBサイトhttp://bunkyo-sip.jp/
発行=文京区新たな公共プロジェクト事務局(プラットフォーム運営委員会)
(文京区、株式会社エンパブリック)
※ご意見・ご感想は、
mail: b-sip@city.bunkyo.lg.jp
TEL: 03-5803-1167(文京区区民課協働推進担当) までご連絡ください。
※登録・解除・登録内容の変更ご希望の方はこちらから
https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bunkyosip
※バックナンバーはこちらから
https://f.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=bunkyosip&no=all
皆様のご意見・ご感想お待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Check Also

新たな公共の取組から生まれた地域課題解決プロジェクト事例

新たな公共プロジェクトでは、4 …