【開催レポート】NPO活動PRフェア「文京と社会の今を知るNPO展」


2015年9月27日、シビックセンターにて、NPO活動PRフェア「文京と社会の今を知るNPO展」を開催しました。昨年度に続き、2回目の開催です。
今年度は、社会の今がわかるコーナー(ギャラリーシビック)、文京の今がわかるコーナー(アートサロン)、体験コーナー(区民ひろば(地下2階))の3か所に、テーマごとに別れて実施しました。また、当日は、25のNPO団体が出展参加し、来場者は、一般321人、NPO団体等関係者99人となり、計420人となりました。
さらに、今年度は、出展団体の有志による実行委員会形式による検討を重ね、企画の詳細やキャッチコピーの検討を行ってきました。また、当日は、出展参加しているNPO団体同士でチームをつくり、お互いに展示のフォローなどを行いました。

12036984_550007198498449_1636507046234539013_n

 

 

 

 

1.活動紹介展示

参加団体によるポスター展示は、活動領域などにより展示コーナーを2つに分けました。
全国展開をしている団体や国際的な問題を扱う団体については、社会の今がわかるコーナー(ギャラリーシビック)で、文京区をフィールドに活動するNPOについては、「文京の今がわかるコーナー」(アートサロン)で、展示を行いました。
「社会の今がわかるコーナー」では、環境、国際援助、金融、音楽、歴史など様々なテーマの団体の展示が並び、社会テーマ・課題の縮図ともいえる状態となっていました。全国展開している団体は、地域との接点がなかなか得られません。そのため、今回の展示で改めて、文京区にも多様な分野で活動している多くのNPOがあること、社会にはこのような課題があるということに、区民が気づく場となりました。
一方、「文京の今がわかるコーナー」では、文京区というフィールドで事業を展開しているという点は同じでも、取り扱うテーマは様々です。同じ文京区で活動していても、このような機会がなければ団体同士が出会わないため、区民との交流に加え、団体同志の交流が活発に行われました。
なお、今年度よりタブレットやPCによる動画等の展示も可能としたため、映像をその場で流すなどの工夫をしている団体もありました。

【社会の今がわかるコーナー出展団体リスト】

No 団体名 No 団体名
1 活木活木森ネットワーク 6 税法労務協会
2 太陽光発電所ネットワーク 7 北朝鮮難民救援基金
3 NPO話し方ネットワーク 8 アジア・コミュニティ・センター21
4 東京ジュニアオーケストラソサエティ 9 いきいきフォーラム草の根支援
5 日本呼吸器障害者情報センター 10 わだつみ記念館基金

【文京の今がわかるコーナー出展団体リスト】

No 団体名 No 団体名
11 環境ネットワーク・文京 16 街ing本郷
12 小石川後楽園庭園保存会 17 Curiosity
13 えこお 18 文京区消費者の会
14 風のやすみば 19 経済・金融リテラシー普及協会
15 地域ネットワークとらいあんぐる

12027701_549999471832555_5390424979821858323_n    12039679_550017061830796_246896982837498524_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.体験展示

体験コーナーでは、以下6団体による出展となりました。ポスター展示に加え、体験型の展示を提供しました。例えば、ニュースポーツであるカーレットの体験や、顕微鏡による酵母の観察、健康づくりのデモンストレーション、仏像製作の実演、樹の展示やクイズなどです。子どもからお年寄りまで楽しんでらっしゃる様子が見られました。

No 団体名
20 カーレットジャパン協会
21 仏像彫刻美術院
22 市民科学研究室
23 エコ・シビルエンジニアリング研究会-市民環境村塾
24 快医学ネットワーク
25 チッタディーノオペラ振興会

12063850_550028161829686_2073326353950720226_n 12063473_550028181829684_7047214670863080126_n

12074707_550041618495007_236475934580141890_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.ミニ教室・活動紹介など

昨年度に引き続き、団体が対象としているテーマに関するミニ教室も開催しました。それぞれの団体が、普段行っている活動のミニ体験を提供したり、取り扱うテーマについての講義・解説、活動の紹介などを行いました。ポスター展示だけでは知ることのできない深い内容を知ることができ、区民の方も興味をもって参加されていました。
また、今年度より、ミニ教室を実施しない団体も、3分づつ活動紹介を行う時間を設けました。一度にそれぞれの団体について知ることができるため、3分の活動紹介を聞いた後にポスター展示を回ることで理解が進むと、参加者からも好評なプログラムとなっていました。

12071421_732334680206335_1379708055_n

 12067296_732352590204544_606692001_n

12030794_10153175903655060_135586797_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.マルチビジョンを活用した発表など

また、マルチビジョンを活用した区民オペラ「カルメン」の上映や、学徒出陣の放映、映画の上映、東京ジュニアオーケストラソサエティの楽団員によるミニコンサートも行いました。体験コーナーで実施されたこれらのプログラムは、興味のある方が多く集まり、フェアに花を添えました。また、東京ジュニアオーケストラソサエティなど、このような活動もNPOが行っていることや、これらの団体が区内のNPOであることを始めて知った方も多く、フェア本来の主旨である区民への活動周知を具現化することができました。
なお、マルチビジョンでは、出展団体の紹介映像を流す試みに、今回始めて取り組みました。

12067749_852101758219729_1108589399_n

12032153_550028145163021_5713791384228580776_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.まとめ・今後に向けて

今年度も、400名以上の来場者をお迎えし、盛況のうちに終了することができました。もっと多くの方に参加していただき、区内のNPOについて知ってもらうこと、なんらかのアクションを起こしてもらうきっかけとすることが必要であると改めて感じました。今後、プログラム設計のブラッシュアップや、積極的な広報活動、団体との連携が求められます。
また、今回のNPO活動PRフェアは、参加団体同士の交流も一つの目的でした。それぞれのコーナーで交流している様子が散見され、今後も、こうした交流が続くことが期待されます。

【来場者の声(来場者アンケートより)】

・文京区ってすごいですね。みんながんばれ! 礫川公園のはぜの木を見に来て寄りました。昔、この温水プールで泳いで、帰路についたことを思い出しました。
・東京ジュニア・オーケストラが本当にすばらしかったです。
・オペラ「カルメン」のビデオが良かったです。
・初めて来ましたが、様々なNPOの活動を知ることが出来ました。
・知らないことがはっきりわかり、とても有意義でした。企画してくださった方に感謝します。
・来年、文京区民センターに中間支援施設がオープンするので、その中で恒常的にNPO活動の紹介や交流ができると良いと思います。
・興味のある分野の団体にいくつか出会えたので良かったです。
・多くの方が活動していることに感心しました。
・カーレットが楽しかったです。話し方ネットワークが為になりました。
・良い催し物が多く大変有意義でした。

【参加団体一覧(五十音順)】

・NPO法人アジア・コミュニティ・センター21
・認定NPO法人いきいきフォーラム草の根支援
・NPO法人活木活木森ネットワーク
・NPO法人えこお
・NPO法人エコ・シビルエンジニアリング研究会―市民環境村塾
・NPO法人NPO話し方ネットワーク
・NPO法人カーレットジャパン協会
・NPO法人快医学ネットワーク
・NPO法人風のやすみば
・NPO法人環境ネットワーク・文京
・認定NPO法人北朝鮮難民救援基金
・NPO法人Curiosity
・NPO法人経済・金融リテラシー普及協会
・NPO法人小石川後楽園庭園保存会
・NPO法人市民科学研究室
・NPO法人税法労務協会
・NPO法人太陽光発電所ネットワーク
・NPO法人地域ネットワークとらいあんぐる
・NPO法人チッタディーノオペラ振興会
・NPO法人東京ジュニアオーケストラソサエティ
・NPO法人日本呼吸器障害者情報センター
・NPO法人仏像彫刻美術院
・NPO法人文京区消費者の会
・NPO法人街ing本郷
・認定NPO法人わだつみ記念館基金


Check Also

「文京と社会の今がわかるNPO展」がケーブルテレビで紹介されました!