2014年度 プロジェクト支援の報告


今年度は以下の3つの活動に対してプロジェクト支援を行い、事業化に向けて様々な実践の機会の提供と支援を行いました。

 ■4月~7月期(2013年度からの継続支援 プロジェクト継続力支援)
・ハッピーファミリープロジェクト(子育てkitchen)

 ■8月~11月期(プロジェクト継続力支援)
・地域版フューチャーセンター&心地よく暮らし、はたらく Loco-working拠点
「文京版cococi」立ち上げプロジェクト(cococi2000) (株式会社Polaris)
・échelleプロジェクト(échelle)

 ■12月~3月期(継続支援 プロジェクト継続力支援)
・地域版フューチャーセンター&心地よく暮らし、はたらく Loco-working拠点
「文京版cococi」立ち上げプロジェクト(cococi2000) (株式会社Polaris)

それぞれのプロジェクトに、具体的には以下の支援を行い成果を得ることができました。

①ハッピーファミリープロジェクト(子育てkitchen)
1)シンポジウムの開催
子育てに関連するシンポジウムを開催することにより、プロジェクトからの情報発信を強化し、認知度向上、共感者の獲得に努めました。
2)更なる事業展開の検討
スタッフの増強、事業メニューの拡大など、事業拡大へ向けて実験的な試みを行い、更なる事業基盤構築を図りました。

支援の詳細はこちら

<支援が団体に与えた影響>
昨年度の支援では、事業の軸となるコンセプトを明確にすることや、客観的な社会的意義を確立するためのアンケート調査等により事業基盤構築を行いました。本年度の第2クールでは、更なる事業基盤構築のため、スタッフの拡充や認知度アップのため、子育てに関するシンポジウムの開催を支援することで、コアな支持者以外の共感者の獲得に努めました。また、料理以外にもコンセプトの軸に沿ったワークショップの開催や、父親が参加できるプログラムの開発など、事業拡大に向けた試験的な試みについて、アドバイス及びサポートを行いました。その結果、新たに区内に事務所を構えるまでに成長し、事業が拡大しました。

子育てキッチン1

②地域版フューチャーセンター&心地よく暮らし、はたらく Loco-working拠点
「文京版cococi」立ち上げプロジェクト(cococi2000) (株式会社Polaris)
1)フューチャーセッション・座談会の開催
誰もが暮らしやすく働きやすい社会の実現に向けて、働き方や暮らし方を考えるためのフューチャーセッション・座談会を開催しました。これにより、プロジェクトのビジョンに共感し共に活動するメンバーを見い出すことができました。
2)企業向け説明会等の開催
区内の企業から仕事の発注を得るため、企業向けの説明会や個別訪問等を行い、関係づくりに努めました。これにより数社との関係が構築でき、今後の受注につながる可能性がでてきました。

支援の詳細はこちら

ポラリス6

<支援が団体に与えた影響>
世田谷区で成功しているビジネスモデルを文京区で展開する予定であったものの、そのスキームの見える化が徹底していなかったことや、ソーシャルフランチャイズ独特の難しさもあり、まずは事業モデル確立や考え方の見直しについて支援しました。また、基盤のない文京区での区民や企業との関係性づくりにおいて、チームビルディングや、企業の紹介・営業方法の支援なども行い営業スキルの向上を促しました。さらに、外部専門家をお招きし、社会起業における事業の考え方などの意識づけなどを行った結果、区内において事業を継続していくための基盤づくりに進展が見られました。

③échelleプロジェクト(échelle)
・事業コンセプトを明確にするため、事業の意味、地域課題との関係性について課題を整理するための支援を行いました。
・ワークショップの開催やヒアリング等の実践を促すことにより、対象となる層のイメ ージがより具体化されました。
<支援が団体に与えた影響>
4か月のみの支援となりましたが、試行的なアクションが実施されたことで、実際のサービスの受け手となり得る層の実態把握が可能となり、事業イメージがより具体化されました。

エシェル

 


Check Also

第1クール 支援報告

1.定例ミーティングの実施 支 …