12/13 文京社会起業アクションラーニング講座 メンター・ミーティング開催しました!


12月13日、文京社会起業アクションラーニング講座のメンター・ミーティングを開催しました。

地域課題解決の事業を考えている受講生が、社会起業の支援機関や地域づくり事業を実践している方に、現状のプランを紹介し、事業開発のためのコメントをもらいます。
メンターには、社会起業支援機関のETIC.のコーディネーターの方、SVP東京パートナーの方、広告、会計、事業開発、対話、商店街開発に取り組む方など、10名にご協力いただきました。

受講生は思いがあっても、事業の核がまだ定まりきっていない人も多く、「なぜ自分がやりたいのか、そこを明確に言わないと、人の心に伝わらない」「複数あるやりたいことの優先順位は?ニーズが強いのは?」「仲間となる人を巻き込むには、現場を一緒に体験しないといけない」といった指摘を受け、自問していきます。それぞれの経験に基づく、本音のぶつかり合いから、徐々に自分の課題が見えてきます。
何が課題なのか、それがわかることは、解決を急ぐよりも大切なことです。自分の課題を深く考えるからこそ、次にすべきことが明確になってきます。
また、メンターからの具体的な関連団体や情報源などのアドバイスもあり、どうアクションしていいのかわからなかった受講生も、今後のアクションの方向性が明らかとなりました。

〔受講生感想〕
・自分のやりたかったことの原点を思い起こさせてもらえたのとともに、今後やるべきことの具体的な目標を設定することができました。
・自分の想いを、言語化しなければいけないこと、生の声を聞かなければいけないということがわかりました。
・講座も半ばを過ぎてアクションしなくてはならない時期だと、改めて痛感しました。

メンターMTG2 メンターMTG3 メンターMTG 1


Check Also

【開催レポート】ファシリテーター養成コース

活動支援コーディネーター養成講 …