【開催レポート】(9/29)文京区NPO活動PRフェア 振り返り会


9月29日、文京区で活動するNPO団体との協働イベント「文京区NPO活動PRフェア」の振り返り会を文京シビックセンター5階A・B会議室で開催しました。本日は、9月7日開催の「文京区NPO活動PRフェア」に参加いただいたNPO団体の皆様とイベントの振り返りを通して、今後の交流等に向けての意見交換を行いました。

振り返り会には以下の14のNPO団体が参加しました。
 
【振り返り会の参加団体(50音順)】

・NPO法人エコ・シビルエンジニアリング研究会ー市民環境村塾
・NPO法人NPO話し方ネットワーク
・NPO法人カーレットジャパン協会
・NPO法人快医学ネットワーク
・NPO法人風のやすみば
・NPO法人環境ネットワーク・文京
・NPO法人小石川後楽園庭園保存会
・NPO法人市民後見かけはし東京
・NPO法人税法労務協会
・NPO法人竹箒の会
・NPO法人チッタディーノオペラ振興会
・NPO法人響き合いネットワーク東京SPの会
・NPO法人仏像彫刻美術院
・NPO法人文京区消費者の会

 文京区NPO活動PRフェアの結果報告
 最初に、事務局より「文京区NPO活動PRフェア」の結果について説明を行いました。当日のイベント参加者は一般来場者が315人、NPO団体関係者が95人、ゲスト登壇者が1人、合わせて411人となりました。また、一般来場者からのアンケート(n=14)によると「大変満足」「満足」と回答した人の割合が合わせて72%となり、アンケート回収率に課題は残るものの、イベントは概ね好評価だったようです。事務局としては、今回のイベントを通じて、ご参加いただいたNPO団体の皆様同士のつながりもできたことが、本当に良かったと思っています。一方で、イベント運営については改善が必要な点もあると思いますので、来年度に向けてより良くできるように皆様のご意見をいただきたいと考えています。
写真 1
参加を通じてNPO団体同士のつながりや新しい発見も生まれた
 今回のイベントへの参加を通じて、NPO団体の皆様にも新しい発見が沢山あったようです。NPO団体の皆様からは振り返りを通じて、今回のイベント参加について様々な意見が寄せられました。

<NPO団体の皆様からの主なご意見>

  • NPO同士の横のつながりができたことがとても良かったと思います。単体で活動しているとどうしても視野が狭くなりがちですが、今回のイベント参加を通じて幅広い視野と深い方向性を見ることができたと思います。
    ミニ教室を通じて他の団体様に助けていただいたり、逆にフォローを行ったり、とても勉強になる良い経験をさせていただきました。
  • 文京区の中でどのようなNPO団体が活動しているのか、全体像がわかったことがとても良かったと思います。継続してお付き合いできる場があると、今後の相互発展にもつながるので良いと思います。
  • 多くの団体が参加できるようにするにはどうすればよいのかを、これから考えていきたいと思います。
  • 定年を迎えた方にとっては、今回のイベントは非常に有意義な場だったと思います。実際に来場した方から「セカンドライフの過ごし方等を考えるきっかけになった」という声がありました。
  • 自分たちと活動分野の違う皆様と一緒にイベント運営をしたことで、とても新鮮な気持ちになることができました。また、若い人たちに触れることができたことで、自分たちのやり方が古いことに気づきました。
  • 参加を通して、こんなに沢山の活発な団体がいることに驚きました。
  • これまで直接利用者や一般の方と話をする機会が少なかったのですが、今回は興味を持ってきてくださる方がいたので嬉しかったです。
  • 会場は大変良かったと思います。区役所なので他の目的で来られた方も来場していました。
  • ミニ教室については、来場者が時間を有効に使えるので、とても面白い試みだと思いました。
  • 自分たちの活動について関心の高い人が多く来てくださったことを実感できました。
  • 今回のような取り組みは団体としても初めての経験だったので、とても勉強になりました。
  • 来場者からの相談を実際に受けて、活動の意義をあらためて感じることができました。
  • 物理的な距離が近い団体と知り合えることができたのはとても良かったと思います。
  • 高度なことに取り組んでいる団体が多いので、自分たちの団体の活動目標も改めて見直すことができました。
  • 自分たちの団体とテーマが近い団体とつながることができました。
  • 展示を見ていただいた来場者から、「実際に今度参加したい」という声が聞けて良かったです。
  • 若い人にも興味を持って頂くことができたので良かったと思います。
  • すごく楽しい試みでした。また参加したいです。
写真 4 写真 3 写真 2 写真 6
今後に向けての意見交換
 NPO団体の皆様からは、前向きな意見がよせられる一方で、今後に向けて改善すべきことについてのご意見もありました。
  • もう少しNPO団体が運営に深く関われると、今後の交流も盛んになると思いました。
    団体活動のテーマごとに会場をブロック分けしていただけた方が、参加者にとってもわかりやすいと感じました。
  • 参加団体が他のブースを見て回れる時間があると、さらに良いと思いました。
  • 最初のゲスト・トークは、さらに充実していく必要がると感じています。
  • 参加した学生からは「面白くない」という意見もあり、比較的若い世代とっては、自分が何ができるのか考えてしまったが故に、一歩前に踏み込めなかったのではないかと考えています。
  • 今回のイベントは初の試みであるため、継続してPDCAを回しながら改善して取り組んでいかないと評価できないと思います。

今後に向けて、「NPO団体がより主体的に取り組めるように実行委員会方式でイベントを企画・運営するのがよいのでは」という意見も出ました。また、「若い世代にはNPOを立ち上げたいが情報が得られず困っている人も多い」「若い世代の人たちも参加できるように、本人にとってプラスになることや、還元できる仕掛けを取り入れていきたい」という集客面での意見も出ました。

今回のイベントへの参加を通じて、NPO団体の皆様から、もっと相互に関係を深めていく機会をつくりたいという意見が多数寄せられました。

事務局では、まず、参加団体が日頃から情報交換できるツールとなるメーリングリストを整備し、参加を呼びかけました。今回のつながりをきっかけに、団体同士の関係を継続し、発展的な関係性が生まれていくことを期待しています。


Check Also

【開催レポート】ファシリテーター養成コース

活動支援コーディネーター養成講 …