【開催レポート】 (9/7) 文京区NPO活動PRフェア〜文の京つながる学び市〜


9月7日、文京区で活動するNPO団体との協働イベント「文京区NPO活動PRフェア〜文の京つながる学び市〜」が文京シビックセンターで開催されました。

※当日の様子をCATVで紹介いただきました!

イベント会場はギャラリーシビック(1階)、アートサロン(1階)、区民ひろば(地下2階)の3か所。当日は、26のNPO団体が出展参加しました。イベント会場には、一般来場者が315人、NPO団体関係者が95人、ゲスト登壇者が1人、合わせて411人の方が参加し、盛況なイベントとなりました。 当日の様子を下記のとおりお伝えします。

イベント準備 文京区NPO活動PRフェアは、NPO団体と協働しながら実施しました。イベント運営では、出展参加しているNPO団体同士でチームをつくり、お互いに協力しながら来場者をお迎えできるよう、準備を進めてきました。展示設営についても、設営担当などの役割分担を決め、各チームのメンバー同士が協力しながら作業を行いました。

Exif_JPEG_PICTURE 写真 01 写真 02

 オープニング&ゲスト・トーク 文京区NPO活動PRフェアのオープニングは加藤徹生氏によるゲスト・トークでした。「地域発のソーシャル・イノベーションの可能性〜アジアでの実践事例の視点から〜」をテーマに、アジアで起きている活動の実践事例から東京/文京区が学べることをお話しいただきました。

写真 10 写真 14 写真 13 写真 17

加藤さんは「ソーシャル・イノベーションの鍵は住民の力にある」とお話し、フィリピンで水道普及に取組んだ男性(ケビンさん)の事例を紹介しました。「水で病気になる子供たちをなんとかしたい」という思いから立ち上がったケビンさん。一方で、「水道は民間がやるものだ」、「手間もかかる」という意見から、誰もやりたがらない現実がありました。そのため、民間では浄水の技術が確立されているものの、普及が進まなかったそうです。そこで、1台20ドルで、現地の人でもできる普及を仕掛けました。ケビンさんは、それまで水道が普及しなかった理由は、NGOの方が現地の方に技術を教えても、教えたら帰ってしまうことにあると気づきました。水道はメンテナンスが必要であり、毎回、水質を確認する必要があります。そこで、「会社にした方がいい」という思い至り、住民たちと一緒に会社をつくって、コミュニティ・ビジネスを立ち上げました。村人たちから毎月お金を徴収して、水道を守る人を雇い、マニュアルをつくるなどプロセスをデザインしていった結果、水道普及に大きく貢献するビジネスになったそうです。
加藤さんは、今、社会で起きていることとして ①「営利」と「非営利」という壁が崩れた ②行政とビジネスの役割において市民活動が再定義され、色々な可能性が生まれている ③プロの若者がこのようなソーシャルビジネスの領域に流れるようになった の3つのポイントを指摘しました。加藤さんは、アジアから見たときに、日本のNPOが学べるポイントとして、「ソーシャルビジネスに共通するのは、個人の能力を超えて、人が責任をもって何かをやろうとする時に、手を貸してくれる人が現れはじめること。だから、オープンであることが大切だと思う。ただし、自分だけが頑張りすぎると、人は手を貸してくれない。」とお話しました。
また、自分を超えて何かをするときに必要なこととして、 ①好奇心を持つこと ②諦めずに続けること ③柔軟に対処すること ④楽観的であること ⑤リスクをとること の5つを挙げ、行動し、周囲に目を配ることが大切だとお話しました。ゲスト・トークの最後は「課題解決は住民、行政、民間、いろんな方々で取り組んでいかなければならない。より大きなインパクトを出すきっかけとして今日のイベントを活かしてほしい」と参加している方へメッセージを送りました。

アートサロン(1階)ではNPO団体の知恵・ノウハウが学べるミニ教室を開催 オープニング&ゲスト・トークの後は、NPO団体によるミニ教室を開催。それぞれの開催団体が設定したテーマに沿って、1限目から5限目まで、講義や体験を交えた様々な教室が開催されました。ミニ教室の参加者は、1限目が25人、2限目が43人、3限目が44人、4限目が28人、5限目が31人の合計171人。NPOの活動に興味・関心を持つ来場者とNPO団体が一緒になって、活動やテーマについて学び合う場が生まれました。

時間割写真 37 写真 36 写真 35 写真 38 10696263_374241926074978_7944355990751027969_n 10685334_374242739408230_6057974234886058559_n 10672233_374225566076614_6707335421102351206_n 10670032_374213069411197_2631257256948340143_n 10660377_374241852741652_6418597686011804634_n 10647050_374241812741656_4310972361903188179_n 10628418_374219179410586_3876235554770564984_n 10624939_374213099411194_2740219390662531127_n 10620741_374213089411195_2517950134074937004_n 10612762_374219166077254_4561708435216875212_n 10577008_374219149410589_4952649912059326882_n 10540911_374219256077245_6983698398073399262_n 10428525_374225472743290_1611670010964526862_n 10394637_374241509408353_1824308276497085817_n 10354092_374225556076615_6129563667305052144_n

ギャラリーシビック(1階)ではNPO団体による展示を実施 ギャラリーシビックの出展団体は21団体。高齢者の支援、成年後見、医療コミュニケーション、地域の見守り、難民支援や貧困問題に取組む活動など、様々な分野で活躍する団体が活動紹介を行いました。来場者の方々は、展示パネルをじっくり読んだり、出展団体に質問をするなど、会場は常に盛況で、NPO団体と来場者のコミュニケーションも生まれました。また、当日は成澤区長も会場にお越しくださり、出展参加しているNPO団体やゲストの加藤さんと交流をしました。

10635852_374222312743606_2999709474979683489_n10363341_374222326076938_3258051929698456399_n1604967_374214842744353_8547952193156236313_n写真 06 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE写真 31

区民ひろば(地下2階)ではNPO団体による体験・実演を実施 区民ひろばの出展団体は6団体。小仏像の展示や、カーレット(机上カーリング)体験、クイズ、人の身体の歪みをみるデモンストレーション等、様々な分野で活動する団体が、体験や実演を通して活動紹介を行いました。また、区民ひろばでは、14:15より市民オペラの普及に取組むNPO団体によるオペラミニコンサートを実施。吹き抜けから会場を眺める人も現れるなど、沢山の来場者にお集まりいただき、会場は盛況となりました。

写真 20 写真 29 10592690_374215119410992_8588237991222555496_n 写真 18写真 43 写真 34

クロージング イベントの最後は、アートサロンでNPO団体と来場者が一緒になって、文京区NPO活動PRフェアの振りかえりを行いました。当初は200人程度の一般来場者を想定していた今回のイベントは、結果として315人が参加しました。主催者からは「初めての試みでしたが、NPO団体の皆様のご協力もあり、盛況に終わることができました。文京区内には面白い活動を行っているNPO団体がまだまだ沢山あるので、今回の経験を踏まえて今後につなげていきたい」と話がありました。

写真 46 写真 45

来場者の声(来場者アンケートより)

今回のイベントへの参加を通じて、NPO団体の活動から刺激を受けた来場者も多かったようです。来場者アンケートに寄せられた声をいくつか紹介したいと思います。

  • 人々が集い活動し、現在、そして未来の日本を構築していこうという活動力が伝わってきました。
  • 多くの方が、社会課題に対して、アクションを起こしていることが一同に知れることに意義を感じました。
  • 多岐な分野にわたるNPOがあって面白かったです。刺激になりました。
  • 様々なNPO活動を知ることができました。興味のある活動については、た後で個別に調べようと思います。
  • 有効な活動をしていると思います。
  • 地域活動に興味があり、自分も数年後に起業してみたいと思っていました。実際にこんなにたくさんの方がNPO活動をしていることを知り、モチベーションが上がりました。

参加団体の声(参加団体アンケートより)

文京区NPO活動PRフェアには、このようなイベント出展が初めての団体も参加しました。参加団体のアンケートからは、冷静な評価もある一方で、イベントに対する前向きな意見も寄せられました。

  • 想像以上に来場者が多く、ミニ教室も盛況で何よりでした。
  • またぜひやりたいです。
  • 初めてのことで色々と大変でしたが、多くの方が参加し、一定の成果はあったと思います。
  • NPO活動PRフェアは、PDCAを回しながら継続してみないと、評価できない。

また、アンケートでは「他の団体とも交流ができた」と回答した団体が18団体、他のNPO団体との交流について「今後も交流したい」と回答した団体が20団体あり、参加団体同士の交流やつながりも生まれました。   学びを通じてNPO団体と区民との交流とつながりを促す今回のイベントは、出展参加いただいたNPO団体の皆様に協力いただき無事終了することができました。また、当日は多くの方にご来場いただきありがとうございました。文京区新たな公共プロジェクトでは、今回の経験を活かして、今後の取組みにもつなげていきたいと思います。

【文京区NPO活動PRフェアの参加団体(50音順)】

・認定NPO法人いきいきフォーラム草の根支援 ・NPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター ・NPO法人エコ・シビルエンジニアリング研究会-市民環境村塾 ・NPO法人NPO話し方ネットワーク ・NPO法人お茶の水学術事業会 ・NPO法人カーレットジャパン協会 ・NPO法人快医学ネットワーク ・NPO法人風のやすみば ・NPO法人環境ネットワーク・文京 ・認定NPO法人北朝鮮難民救援基金 ・NPO法人Curiosity ・NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク ・NPO法人小石川後楽園庭園保存会 ・NPO法人国際おりがみ協会 ・NPO法人市民後見かけはし東京 ・NPO法人税法労務協会 ・NPO法人耐震総合安全機構 ・NPO法人竹箒の会 ・NPO法人チッタディーノオペラ振興会 ・NPO法人響き合いネットワーク東京SPの会 ・NPO法人フェニックス・ジャパン ・NPO法人仏像彫刻美術院 ・NPO法人文京区消費者の会 ・NPO法人街ing本郷 ・認定NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン ・NPO法人夢織工房 ※文京区NPO活動PRフェアの様子は、9月17日〜9月19日の間、CATVで報道されました。放送の内容はこちらでご覧いただけます。


Check Also

【開催レポート】ファシリテーター養成コース

活動支援コーディネーター養成講 …