【メールニュース No.11】2014年9月11日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ 文京ソーシャルイノベーション・メールニュース ◇◇

◇◇ No.11◇ 2014年9月11日発行 ◇◇ bunkyo-sip.jp ◇◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近は涼しくなり、秋の到来を感じさせます。
季節の変わり目ですので、お身体には十分気をつけください。

文京区新たな公共プロジェクトは、9月より新しい重点テーマのもと、
地域で活動を始めたい人、活動を充実させたい人を応援するプログラムを再開します。

文京ミ・ラ・イ対話では、気づいてしまった社会課題に自分に何ができるか考え、
活動を立ち上げた方たちをゲストに招き、区民と区の担当者も交えて対話を行います。
「現代社会で、どのような地域課題が起きているのか?」「自分たちには何ができるのか」
地域を深く知りたい方、地域でアクションを始めたい方へのヒントがたくさんある場です。

自分の気づいたテーマからアクションを生み出すのを応援する文京社会起業アクション・
ラーニング講座も10月からスタートします。
「何かやってみたいな」「もっと活動を深めたいな」とお考えの方、ぜひご参加ください!

☆目次☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 文京ミ・ラ・イ対話「地域課題を知る」参加者募集中!
2 文京社会起業アクション・ラーニング講座が始まります!
3【開催速報】NPO活動PRフェア「文の京つながる学び市」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 文京ミ・ラ・イ対話(第1セッション 「地域課題を知る」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文京の未来を考える対話の場「文京ミ・ラ・イ対話」は、社会課題解決に取り組む実践者や
文京区職員を交えて、参加者と共に、これからの文京区がどうあるべきか考える対話の場です。

「暮らしやすい文京区を実現する地域力」(10/1)のゲスト礒井純充さんは、
六本木ヒルズでのアカデミーヒルズの立ち上げや運営に携わっていました。
しかし、経済・社会を俯瞰的に見るだけでは、日々の暮らしと結び付けづらいと考え、
本を媒介として人が集まる場をつくっていく「まちライブラリー」の活動を始めました。
礒井さんは「都市に暮らすと組織を前提に生きてしまう。しかし、自分で自分のスイッチを
入れないと何も変わらないことに気づきました。」とおっしゃっています。

文京ミ・ラ・イ対話では、地域に長く暮らす方、引っ越してきたばかりの方、
会社務めの方、商店街の方、地域づくりに取り組む方、何かを始めたい方などと
地域の多様な方たちと対話ができる場として、昨年度、のべ200名以上の方が参加されました。
地域活動の立ち上げ、展開のヒントに、ぜひ、ご参加ください。

■テーマ1:まちで健やかに子供が育つ文京区
(詳細ページ http://bunkyo-sip.jp/?p=1950)
【日時】9月28日(日)14:00~16:30
【テーブルテーマ】
・生活環境や家族の状況に関わらず、子どもたちが輝く未来を持てる地域にするには?
・中高生の育成(事業や居場所等)を地域で推進するには?
【ゲスト・トーク】
○今村 亮氏(認定NPO法人カタリバ)
「文京区に中高生が主役の秘密基地をつくる!」
ゲスト紹介ページ http://bunkyo-sip.jp/?p=2081
○不破 牧子氏(NPO法人ダイバーシティ工房)
「家庭環境に関係なく地域の力で子どもたちが自立できる社会を」
ゲスト紹介ページ http://bunkyo-sip.jp/?p=2074

■テーマ2:暮らしやすい文京区を実現する地域力
(詳細ページ:http://bunkyo-sip.jp/?p=1963)
【日時】10月1日(水)18:45~21:00
【テーブルテーマ】
・安全で安心なまちを実現するには?
・利用したくなる商店街は、どんなもの?
・東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げるために区民のできることは?
・高齢者が安心して暮らせるための支援は何がある?
【ゲスト・トーク】
○礒井 純充氏(森記念財団)
「本を持ち寄る活動から、地域のつながりを生み出す」
ゲスト紹介ページ http://bunkyo-sip.jp/?p=2068
<<テーマ1、2共通事項>>
【会場】文京シビックセンター 5階A・B会議室
【定員】25名(抽選)
【参加費】無料
【詳細・申込みは特設サイトから】 申込締切:9月16日(火)
・文京ミ・ラ・イ対話の詳細・申込みhttp://bunkyo-sip.jp/?p=1936
・今年度対話のテーマについてhttp://bunkyo-sip.jp/?p=1916

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■文京社会起業アクション・ラーニング講座がはじまります!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分の思いを地域課題解決型の事業としてカタチにしていくために、
試行やアクションを行いながら事業構築の実践力を身につけていく連続講座です。
10/23~3/5、全7回で開催します。

事業構築というと、事業計画づくりをイメージしがちです。しかし、実践できる事業計画を
つくるまでには考えるだけでなく、地域の人と話し合ったり、小規模の試行をしたり
アクションすることを通して、地域課題を知り、共につくる仲間と出会い、活動を広げていく
ことが大切です。昨年度は講座からアイデア段階を含め、17のプロジェクトが生まれました。
対話や講座から地域課題解決型のプロジェクトが生まれていくプロセスは、特設サイトでも
紹介しています。
http://bunkyo-sip.jp/?p=2046
アクション・ラーニングを通して仲間を集め、区や地域の人たち、企業など様々な関係者との
つながりをつくり、そこから地域課題解決型の事業が生まれることを目指しています。

地域のために活動を始めたい人、文京区をフィールドに新しい事業づくりに挑戦したい人の
ご参加をお待ちしています!

◆募集期間 9月1日(月)~10月2日(木)
◆定員 20名(選考)
◆参加費 4,000円(全7回セット)
◆講師等
コーディネーター:広石 拓司氏(エンパブリック代表)
第5回ゲスト講師:松崎 英吾氏(日本ブラインドサッカー協会事務局長)
◆詳細・講師紹介・お申し込みはこちら
→ http://bunkyo-sip.jp/?p=2019

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■【開催速報】NPO活動PRフェア「文の京つながる学び市」
 ~NPO活動の知恵とノウハウに学ぶ展示とミニ教室」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月7日、文京シビックセンターでNPO活動PRフェア「文の京つながる学び市」を開催しました。
当日の来場者数は316名となり、準備していた資料が全てなくなるほど、大変盛況なイベント
となりました。
当日、出展参加していた26のNPO団体の関係者を含めると、411名が参加しました。
今回のイベントは参加団体が協力して準備段階から企画・運営を進めたこともあり、団体同士の
つながりも生まれたようです。
当日の様子は特設サイトからご覧ください:http://bunkyo-sip.jp/?p=2054

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文京ソーシャルイノベーション・ニュース
(第11号2014年9月11日配信)
WEBサイトhttp://bunkyo-sip.jp/

発行=文京区新たな公共プロジェクト事務局(プラットフォーム運営委員会)
(文京区、株式会社エンパブリック)

※ご意見・ご感想は、
mail: b-sip@city.bunkyo.lg.jp
TEL: 03-5803-1167(文京区区民課協働推進担当) までご連絡ください。

※登録・解除・登録内容の変更ご希望の方はこちらから
https://f.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bunkyosip

※バックナンバーはこちらから
https://f.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=bunkyosip&no=all

皆様のご意見・ご感想お待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


Check Also

成果検証会議報告書が発行されました!

「文京区新たな公共プロジェクト …