今年度の支援プロジェクト2つが決定!&キックオフミーティングを開催


今年度のプロジェクト支援の対象プロジェクトが決定しました。8月~11月に事業構築支援を進めていきます。

■地域版フューチャーセンター&心地よく暮らし、はたらくLoco-working拠点「文京版cococi」立ち上げプロジェクト(cococi2000)(非営利型株式会社Polaris
 仕事をきっかけに地域につながりを産み出す”シゴト軸のコミュニティ”cococi”を立ち上げることで、文京に暮らし、働く女性たちと地域のつながりが希薄化することを解決する。また、地域の事業者と連携し、地域人材とともに新しい価値を生み出し、地域経済の活性化も目指す。さらに、評価モデルの構築もあわせて実行し、”cococi”が産み出す社会的価値の測定を可能とする。

échelleプロジェクト(échelle)
子育て中のママが将来のライフビジョンを客観的に描けるように、社会との接点を持つきっかけ作りとなる体験型教育支援プログラム(インターンシップや社会科見学に類似)を展開し、ママ自身の好奇心を満たす場を提供する。自分軸を持ち、子育てや仕事を楽しみつつ自分自身として輝くママを増やすため、就業機会の獲得をはじめとした社会との接点を持つ機会をつくり、ママの視野を広げることで子供にとってよりよい未来を作る新しい子育て支援を作りたい。

 

さっそく、8月上旬に、キックオフ・ミーティングを開催しました。

キックオフミー ティングで、「échelle」代表の吉谷さんは、「自分軸を持ち、子育てや仕事を楽しみつつ自分自身として輝くママを増やすため、就業機会の獲得をはじめとした社会との接点を持つ機会をつくり、ママの視野を広げる ことで、よりよい未来を作る新しい子育て支援を作りたい」との思いで立ち上げたことを紹介しました。ミーティングに同席された文京区男女協働・子ども家庭支援センター担当課長の鈴木さんからは、自身の子育て経験や区での取り組みを踏まえ、「どのような対象者のどのような課題を、どう解決するのか?」を明確にしてほしいという意見も出されました。!

非営利株式会社ポラリスの「地域版フューチャーセンター&心地よく暮らし、はたらく Loco-working拠点「文京版cococi」立ち上げプロジェクト(cococi2000)」のキ1795310_354063754759462_3804677184661432458_oックオフミーティングには、文京区経済課担当者、男女協働・子ども家庭支援センター担当課長も参加し、4か月の目標について意見交換しました。当初の計画では、最初にフューチャーセッションなどを通して文京区の働く女性のニーズを把握しつつターゲット層にリーチしていき、その後事業を展開するという計画でしたが、事業展開のスピードアップのために、リーンスタートの手法を活用し、コワーキング事業などを実践してみることになりました。区からは、区の事業だけではサービスが行き届かない部分を把握した上で、具体的に何をするのかを明確にすべきとの指摘がありました。動いてみて始めて顧客層が見えてくることもあります。また、事業に参加してくれた方が、コアメンバーとしての仲間となる可能性もあります。これから4か月間アクションを中心に進めていくためのプランづくりから始めることになりました。

両プロジェクトの今後の展開に、 ぜひ、ご注目ください!

 

 

 


Check Also

第1クール 支援報告

1.定例ミーティングの実施 支 …